2010年01月29日

ふるさと牧場元社長に懲役12年 和牛商法詐欺(産経新聞)

 和牛のオーナーになれば高配当が得られるとうそをつき、全国から違法に資金集めをしたとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた「ふるさと牧場」(東京都港区)元社長、相田勇次被告(79)の判決公判が27日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 藤井裁判長は、「犯行時、ふるさと牧場は利益を上げるどころか牛の飼育自体を行っていなかったのに、支払い可能なように装い金銭をだまし取った。組織性、計画性、勧誘方法は巧妙で悪質」と指摘。その上で相田被告を「詐欺システムの確立過程から影響力を行使し、主犯として共犯者を巻き込んだ」と断じた。

 判決によると、相田被告は幹部らと共謀。購入した和牛を牧場で飼育し、販売収益から確実に契約金の返済や還元割当金を支払うとする虚偽のパンフレットで顧客を募り、平成15〜19年、首都圏などに住む39人から計約3億4千万円をだまし取った。 

【関連記事】
和牛商法詐欺 「ふるさと牧場」元幹部に実刑判決
和牛商法詐欺 ふるさと牧場元幹部に実刑判決
和牛商法で家宅捜索 「ふるさと牧場」3000人から100億円
7億円だまし取り“やり手”近ツー社員のペテン師の素顔
サイト利用料を架空請求 2グループ計15人を一斉逮捕

無理心中 妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)
幼い娘の裸で小遣い稼ぎ、母「罪悪感なかった」(読売新聞)
龍馬ベアと記念撮影=鹿児島〔地域〕(時事通信)
posted by チャンバラ歌劇団 at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。